/

台風15号、21日上陸の恐れ 名古屋で避難勧告108万人

強い台風15号は20日、高知県の足摺岬の南海上を北東へ進んだ。暴風域を伴ったまま速度を速め北上し21日午後には近畿から関東に上陸する恐れがある。台風に伴う雨で名古屋市などを流れる庄内川が氾濫、同市は20日午後、約108万人に避難指示や勧告を出し、愛知県を通じて自衛隊に災害派遣を要請した。土砂災害の危険性も高まっており、自治体や気象台が厳重な警戒を呼びかけている。

国土交通省庄内川河川事務所によると、名古屋市守山区下志段味で川の水位が堤防を越え、周辺の工場などが浸水する被害が出た。同市は洪水の恐れがあるとして、守山区と北区の約3万世帯8万人に避難指示、両区を含む12区の約44万世帯100万人に避難勧告を出した。愛知県内では名古屋市のほか、春日井市や清須市が避難勧告を出して、避難を促している。

岐阜県では多治見市の小4男児と白川町の男性(84)が川に流されるなどして行方不明になった。同県では土砂災害の恐れが高まっており、白川町や多治見市などの約6万2000人に避難指示・勧告が出ている。台風12号で被害を受けた三重県紀宝町は住民に避難注意情報を出した。

台風15号の影響で名古屋市内などを流れる河川で増水や氾濫が起きた(20日)

台風15号の影響で名古屋市内などを流れる河川で増水や氾濫が起きた(20日)

気象庁によると、台風から離れた関東や東北でも急に風雨が強まる恐れがある。すでに九州や東海などでは大雨となっており、同庁は土砂災害や洪水に最大級の警戒をするよう呼びかけている。

政府は20日、台風12号について首相官邸内に設置していた情報連絡室を15号についても扱うよう改組。関係省庁連絡会議を開いて情報収集し、住民の安全確保に万全を期すことを確認した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン