/

この記事は会員限定です

米特許訴訟、日本勢も的 ソニーなど数十件

[有料会員限定]

キヤノンが米グーグルなどと特許連合を作って頻発する米国の特許訴訟の対策を講じるのは、日本の大企業が米国の特許訴訟の主要な標的として狙われているからだ。

キヤノンは現在、米国で被告として10件以上の特許訴訟を抱える。ほとんどの原告はパテント・トロールと呼ばれる専門会社だ。ソニーも昨年、新たに39件の特許訴訟を米国で起こされたが、多くは専門会社によるとみられる。

日本の大企業が専門会社から狙われる理由...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン