/

取手でバスに刃物男、27歳無職「自分の人生終わりに」

中高生ら13人けが

17日午前7時40分ごろ、茨城県取手市中央町のJR取手駅西口で、男が停車していた関東鉄道の路線バス2台に次々と乗り込み、乗っていた江戸川学園取手中・高校の生徒らを刃物で切りつけたり殴ったりした。乗客の男性が取り押さえ、県警が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

茨城県警によると、けがをしたのは同学園の高校生7人、中学生4人、一般の女性2人の計13人で、いずれも軽傷。取手市消防本部によると、切られたのは4人で、ほかは打撲などとみられる。


県警によると、男は住所不定、無職、斎藤勇太容疑者(27)。「自分の人生を終わりにしたかった。不特定の人を包丁で傷つけたのは間違いない」と供述している。県警は乗客らを無差別に殺傷しようとしたとみて詳しい動機や状況を調べている。

逮捕容疑は男子中学生1人に切りつけ、殺害しようとした疑い。包丁1本(全長約25センチ)を押収した。

現場は西口のロータリー。県警の調べやバスの運転手の話によると、男は最初に江戸川学園取手中・高校行きのバスに乗り込み、約50人の生徒でほぼ満員だった車内で暴れ、生徒が逃げるのを追いかけるように降車。

ロータリーで通行人に暴行した後、取手駅西口着のバスに前の扉から乗り込んだ。車内に残っていた乗客ともみ合いになり、20代の男性2人に取り押さえられた。包丁の刃体に粘着テープが張られていた。

江戸川学園取手中・高校は1978年創立で生徒数約1950人。中、高とも17日午前中に生徒たちを下校させ、臨時休校にすることを決めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン