/

東大学長「国境なき東大生に」 入学式で

東京大学の入学式が12日午前、東京都千代田区の日本武道館で開かれた。浜田純一学長は式辞で「国境なき東大生になってほしい。知識と経験、活動と交流を自由に広げてもらいたい」などと呼び掛けた。

会場には雨の中、午前9時ごろからスーツ姿の新入生約3160人が集まった。会場周辺では式前に談笑したり記念撮影したりする姿がみられた。

文科1類に合格した望月直樹さん(18)は「大学は入ってから何を学ぶのかが大事。将来の夢は弁護士だが、法律だけでなく幅広い知識を身につけたい」。理科2類の碓井健司さん(18)は「経済不況の不安はあるが、4年間の大学生活でしっかりと進路を固めたい」、井上みのりさん(18)は「アフリカなどで国際貢献ができる職業につきたい。在学中に語学力を向上させないと」などと抱負を話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン