/

この記事は会員限定です

消費増税、97年と環境変化 成長へ財政再建急務

企業に耐久力、国の債務拡大

[有料会員限定]

安倍晋三首相は8日、来年4月に予定している消費増税が景気に与える影響を検証するよう関係閣僚に指示した。1997年度の前回の消費増税当時と比べると、いまの日本企業の強みと、成長のためにも財政再建が急務となっている事情がはっきりと浮かんでくる。

3つの過剰解消

政権首脳らが消費増税に神経質になるのはわかる。前回、消費税率を3%から5%に引き上げた97年度。増税に医療費負担も加えた9兆円の負担増により、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン