探査機のカプセル、地球帰還

2010/6/13付
共有
保存
印刷
その他

小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル分離が成功し、喜びあう運用チームのスタッフら(13日夜、神奈川県相模原市の宇宙航空研究開発機構相模原キャンパス)=代表撮影
画像の拡大

小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル分離が成功し、喜びあう運用チームのスタッフら(13日夜、神奈川県相模原市の宇宙航空研究開発機構相模原キャンパス)=代表撮影

 小惑星探査機「はやぶさ」が約60億キロメートル、7年間に及ぶ宇宙の旅を終えて日本時間の13日午後11時ごろ地球に帰還した。はやぶさは地球から約3億キロメートル離れた小惑星「イトカワ」に着陸、その際に舞い上がった砂ぼこりなどをカプセルに入れることができたと期待されている。月以外の天体に着陸した探査機が地球に戻るのは、世界初の快挙になる。

探査機はやぶさ本体からカプセルが分離される想像図(宇宙航空研究開発機構提供)=共同
画像の拡大

探査機はやぶさ本体からカプセルが分離される想像図(宇宙航空研究開発機構提供)=共同

 はやぶさは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機。13日午後8時ごろに本体からカプセルを分離することに成功した。本体は大気圏突入時に燃え尽きるが、耐熱加工されたカプセルはそのまま落下し、パラシュートを開いてオーストラリア南部ウーメラ地区の砂漠に着地する予定だ。

 JAXAはカプセルを落下時の光跡や電波を頼りに探して回収、日本に持ち帰り内容を調べる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 12:21
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報