1月貿易赤字、最大の2兆7900億円 燃料輸入増で

2014/2/20付
保存
共有
印刷
その他

財務省が20日発表した1月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2兆7900億円の赤字だった。赤字額は2013年1月の1兆6335億円を上回り、現行基準で比較可能な1979年以降で最大となった。燃料費の輸入金額が増加。正月休みに生産が落ち込む要因もあり赤字額が膨らんだ。貿易赤字は19カ月連続。

QUICKが19日時点で集計した民間の予測中央値は2兆4945億円の赤字だった。

輸出額は前年同月比9.5%増の5兆2529億円、輸入額は25.0%増の8兆429億円で過去最大だった。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]