東証レビュー24日・日経朝刊

2012/4/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東証では27日の日銀の金融政策決定会合など重要イベントを控え、模様眺め気分が強かった。薄商いの中、円高や欧米株安を材料にした短期筋とみられる売りに押された。仏大統領選で野党候補が優位になるなど「欧州の政治リスクも株価の上値を抑えた」(大和住銀投信投資顧問の門司総一郎経済調査部長)。

日経平均株価は一時118円安を付けたが、引けにかけて下げ渋った。業績回復期待などから「海外勢の押し目買い姿勢は続い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]