/

ノーベル化学賞、根岸・鈴木氏に授与

【ストックホルム=松崎雄典】2010年のノーベル化学賞などの授賞式が10日午後4時半(日本時間11日午前0時半)から、スウェーデンのストックホルム中心部のコンサートホールで開かれた。根岸英一・米パデュー大特別教授(75)と鈴木章・北海道大名誉教授(80)が化学賞を受賞した。

オーケストラの音楽とともに式は開幕。化学賞選考委員が業績を紹介したあと、カール16世グスタフ・スウェーデン国王からそれぞれ賞状とメダルを受け取った。2人はパラジウムを触媒として炭素同士を結合させる「クロスカップリング反応」の発見が評価された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン