2017年11月24日(金)

作家の小松左京氏が死去 「日本沈没」

2011/7/28 15:05
保存
共有
印刷
その他

 SFの草分け的存在で、大ベストセラー「日本沈没」などで知られる作家の小松左京(こまつ・さきょう、本名=実=みのる)氏が26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市内の病院で死去した。80歳だった。告別式は近親者のみで行った。

 大阪府生まれ。京大イタリア文学科卒。雑誌編集、工場の現場監督などの職を経験した後、漫才台本作家になる。1964年に「日本アパッチ族」を発表、歴史や文明をテーマにスケールの大きな空想世界を構築してSF作家の地位を確立した。73年の「日本沈没」は海底の地殻変動で日本列島が海に沈むというパニックを描いて約500万部のミリオンセラーになり、日本推理作家協会賞を受けた。

 他の主な作品に「首都消失」「果しなき流れの果に」「復活の日」など。小説のほか評論に「未来の思想」などがあり、70年に世界初の国際SFシンポジウムを組織したり、映画「さよならジュピター」の脚本、制作、総監督をこなしたりするほか、70年の大阪万博でテーマ館サブ・プロデューサーを務めるなど、イベントのプロデュースも手掛け、作家の枠をこえて多方面で活躍した。

 06年7月、日本経済新聞に「私の履歴書」を掲載した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

小松左京日本沈没死去



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報