2019年1月20日(日)

中国の富裕層、米国への出産旅行がブーム
進学に有利、子供の選択肢広がる

2010/7/26付
保存
共有
印刷
その他

【上海=戸田敬久】中国共産党機関紙の人民日報のネットサイトは24日、中国の富裕層の間で米国出産旅行がブームになっていると報じた。米国内で出産すれば、子供が米国籍を取得できるため。中国各地では米国での出産手配を仲介する会社が林立。手数料は2万ドル(約175万円)前後。既に同様のビジネスが広がっている台湾人が手掛けるケースが多いという。中国の名門高校、大学は難関だが、外国人枠での入学は容易。米国での進学、中国名門大学への進学と子供の将来の選択肢を広げられる利点が人気の理由になっているようだ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報