2019年8月20日(火)

企業、看板消灯や営業休止 節電の動き始まる

2011/3/13付
保存
共有
印刷
その他

政府が全国民に節電を呼びかけているのを受けて、企業の間にも電力使用を控える動きが広がっている。サントリーホールディングスは13日から北海道や東北、首都圏にある屋外看板の消灯を実施。サッポロホールディングスも同日夕、サッポロ銀座ビル(東京・中央)など都内4カ所の看板で行う。

ローソンも同日夕以降、約1万店のグループ全店で節電を始めた。夜間も店頭看板を消灯するほか、安全確保のため点灯を続ける駐車場の誘導看板などは照度を落とす。店内照明も昼間は通常の50%に抑制する。

ヤマダ電機は東京電力管内約180店の店内照明の光量を抑えるほか、陳列しているテレビの電源を消す。ロイヤルホストなどを運営するロイヤルホールディングスも13日、外看板1基と駐車場の明かりを除き、間接照明や看板を消灯する。すかいらーくは13日、東京電力管内の全店で駐車場の明かりを除き外看板をすべて消灯する節電対策を決めた。店舗の室温も通常より2度下げる。

プリンスホテルは13日、全国のホテルで宿泊客に提供する部屋を同じ階に集め、客がいない階の電灯や空調を止める措置をとった。レストランの営業時間も短縮。同日は品川プリンスホテル(東京・港)に併設する水族館の営業をとりやめ、映画館も午後8時半以降の上映を休止する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。