日産、中国の生産能力8割増
2012年に年120万台体制へ

2010/9/20付
保存
共有
印刷
その他

日産自動車の合弁会社が20日に稼働を始めたSUVの新工場(河南省鄭州市)

日産自動車の合弁会社が20日に稼働を始めたSUVの新工場(河南省鄭州市)

【鄭州(中国河南省)=多部田俊輔】日産自動車は20日、中国での自動車の年産能力を2012年に現在の8割増の120万台に増強すると発表した。中国の自動車市場は09年に米国を抜いて世界最大となり、当面は2けた成長が続く見通し。日産は現在6%の中国市場でのシェアを10%まで引き上げ、収益基盤を強化する。欧米や中国メーカーも能力増強に動いており、中国での競争が激しくなりそうだ。

日産の中国合弁会社、鄭州日産汽車の第2工場の完成式典で、カルロス・ゴーン社長が生産能力の増強を表明した。日産はこれまで12年の年産能力を100万台に設定していたが、中国市場が予想以上に成長しているほか、日産車の売れ行きが好調なことから20万台を上積みした。

日産は中国で広東省花都、湖北省襄樊、鄭州に工場を持ち、年産能力は67万台。花都と鄭州で新工場を立ち上げるほか、花都から鄭州に多目的スポーツ車(SUV)の生産を移管することなどで生産効率を高めて、中国での実質的な生産能力を高める。

日産が生産能力を増強するのは、生産が販売に追いつかないためだ。現在は24時間稼働で対応することが多く、09年の販売台数は75万台。1日16時間稼働を基準とする年産能力を大きく上回る。能力増強で需要増に素早く対応できる体制を構築して販売台数を増やすほか、既存工場の残業を減らし、コスト低減を進める狙いもある。

中国では独フォルクスワーゲン(VW)など外資メーカー、浙江吉利控股集団などの中国メーカーが大幅な生産能力増強を表明している。中国市場は伸びる見通しだが、政府は生産能力が過剰になるとの懸念を示している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]