/

この記事は会員限定です

独「脱原発」が引き起こす業界泣き笑い=ベルリン・菅野幹雄

[有料会員限定]

ドイツのメルケル連立政権が国内の全原子力発電所を2022年までに止める「脱原発」の方針を決めた。福島第1原子力発電所の事故で方向は定まっていたが、どう脱却するかが関係業界や企業の泣き笑いに直結する。他国への波及も絡むため、欧州株式市場の波乱要因に浮上した感がある。

「あらゆる法的手段をオープンにしておく」「提訴する十分な理由がある」。ドイツの電力会社RWE、エーオンの首脳は脱原発の方針に即刻かみつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン