/

この記事は会員限定です

フェイスブック上場、「超大型」新人を生んだ別の事情

米州総局編集委員 藤田和明

[有料会員限定]

いくら優れて見える企業でも、常に優れた投資先になるとは限らない。交流サイト(SNS)最大手、フェイスブックのナスダック上場。IT(情報技術)株で史上最大の新規株式公開(IPO)は熱狂と懐疑が入り交じった。フェイスブック株に投資すべきか否かの議論は、まだまだ続く気配だ。

取引初日の終値38.23ドルからはじいた時価総額は1046億ドル(約8兆2000億円)。IT企業との比較では、アマゾン・ドット・コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン