/

この記事は会員限定です

ネット企業が問う「独裁VS民主主義」

米州総局編集委員 藤田和明

[有料会員限定]

慈悲深い独裁者と、合理的な民主主義。どちらに期待すべきか――。ネット検索大手グーグルや上場準備を進める交流サイト大手フェイスブックなどの特異な株式構造を巡り、議論が巻き起こっている。上場企業でありながら、創業者が圧倒的な議決権を握ったままで、他の株主に口を挟む余地を作らない。創業者が強力な支配力を握っていた方が経営が効率的とみるべきか、株主による監視が効く経営の方が優れているのか、という神学論争...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません