/

この記事は会員限定です

韓国「ウォン国際化」に透ける不安

[有料会員限定]

韓国が、今年に入って新興国と通貨スワップ協定を相次いで結んでいる。10月以降、アラブ首長国連邦(UAE)など3カ国と合意、さらなる締結にも意欲を示す。金融当局はウォンの国際化への野心を強調するが、背景には海外への資金流出の不安がある。世界8位の貿易大国となった韓国だが、金融セクターがそれに追いついていないジレンマが浮かび上がる。

韓国が締結した通貨スワップ協定
使用区分相手国規模
(億ドル)
常時可中国560
アラブ首長国連邦54
マレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン