/

この記事は会員限定です

海外マネー頼みのロシア政府、資本市場の改革急ぐ

[有料会員限定]

ロシア政府が資本市場の改革を急いでいる。海外投資家がルーブル建てのロシア公社債を購入しやすくする仕組みに改めるほか、国債の利子課税も軽減する検討を進めている。プーチン政権は社会保障などで財政支出を拡大する計画で、財源として海外資金に注目する。国内の資金が海外に流出する中、大規模な国営企業の民営化でも海外マネーへの依存が高まりそうだ。

ロシア財務省はユーロクリアなど欧州の決済機関がロシア国債の決済を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン