中国マネー、17年ぶり国債先物復活説に虎視眈々?

(1/2ページ)
2012/3/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「先行して参加できれば必ずもうかるはず」――。株式や不動産相場が冷え込む中、新たな稼ぎ口を探す中国マネーの関心の1つは、17年ぶりに復活する見通しの国債先物取引だ。ただ、中国国債先物は巨額取引事件で停止したいわく付き。債券市場の育成を進める中国金融当局だが、果たして思惑通りに事が運ぶだろうか。

1995年2月23日、舞台は上海証券取引所。後に中国証券市場を揺るがす「国債327事件」として語り継が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]