FRB議長「必要なら追加緩和」 プロがみる日本株への影響

(1/3ページ)
2012/9/1 0:47 (2012/9/1 1:05更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

31日夜、米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は米ジャクソンホール(ワイオミング州)の講演で「必要に応じて追加緩和を行う」と述べ、追加金融緩和に含みを持たせた。緩和の具体的な時期や手段について踏み込んだ発言は避けたが、「労働市場の改善は重要」として重視する意向を示した。講演後に米ダウ工業株30種平均は一時、130ドル超上昇した。週明けの日本株への影響を市場関係者に聞いた。

「一段と雇用重視に

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連キーワード

電子版トップ



[PR]