/

この記事は会員限定です

任天堂社長「営業益1000億円は年末商戦次第」

[有料会員限定]

任天堂が30日発表した2013年4~9月期連結決算は営業損益が232億7800万円の赤字(前年同期は291億5900万円の赤字)だった。欧米でゲーム機本体を値下げした影響や広告宣伝を強化したことなどで営業赤字が続いたが、円安の影響で183億円の為替差益が発生。経常損益が12億4800万円の黒字(前年同期は472億4800万円の赤字)となった。同日、大阪市内で開いた決算会見で岩田聡社長は年末商戦で携帯型ゲ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン