/

この記事は会員限定です

日立、業績安定の陰に「三菱電機」化

[有料会員限定]

「着実に利益が出る事業構造になりつつある」(日立製作所の三好崇司副社長)。日立は東日本大震災の影響で営業赤字も懸念されたが、フタを開ければ2011年4~6月期営業損益は減益だが524億円の黒字と大手電機トップ。6月時点に立てた想定より560億円上振れたという。震災や円高など逆風の中、12年3月期の日立は上々のスタートを切った。

3年前の製造業最大の最終赤字を出した不振はもはや過去の姿になりつつある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン