/

この記事は会員限定です

ノーベル賞シラー教授の分析が示す「日本株は割高」

証券部 松崎雄典

[有料会員限定]

「株式相場はやや割高だ」――。今年のノーベル経済学賞の受賞が決まった米エール大学のロバート・シラー教授は10月中旬、大学での記者会見で、史上最高値を更新する米国株式相場に言及し、買われすぎとの認識を示した。

シラー教授は、行動経済学の研究や、住宅価格の指標である「S&Pケース・シラー住宅価格指数」の開発で知られる一方、株式の割安・割高を測る指標も考案している。日本の市場関係者にはあまり知られていな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン