2018年12月12日(水)

任天堂、岩田社長「『Wii U』は別次元の立て直し必要」

(1/2ページ)
2014/1/29 20:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂が29日に発表した2013年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期に比べ30%減の101億円だった。大阪市内で記者会見した岩田聡社長は、自身の役員報酬を2月から6月までの間、半減することを明らかにした。販売が低迷する据え置き型ゲーム機「Wii U」については「別次元の立て直しが必要」と語った。主なやりとりは以下の通り。

――業績悪化の要因は。

「海外市場の落ち込みが非常に大きく、為替相場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

注目の決算


記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

決算関連情報はこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報