/

この記事は会員限定です

任天堂、岩田社長「『Wii U』は別次元の立て直し必要」

[有料会員限定]

任天堂が29日に発表した2013年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期に比べ30%減の101億円だった。大阪市内で記者会見した岩田聡社長は、自身の役員報酬を2月から6月までの間、半減することを明らかにした。販売が低迷する据え置き型ゲーム機「Wii U」については「別次元の立て直しが必要」と語った。主なやりとりは以下の通り。

――業績悪化の要因は。

「海外市場の落ち込みが非常に大きく、為替相場が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン