/

この記事は会員限定です

ソフトバンク孫社長、新エネ風雲児への隠し玉

[有料会員限定]

どうやらソフトバンクの孫正義社長は本気のようだ。

29日、孫社長と三井物産の飯島彰己社長、鳥取県の平井伸治知事などが列席し、鳥取県米子市に大規模太陽光発電所(メガソーラー)「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」を建設することを発表した。9月中に着工し来年7月に完成する予定だ。最大出力規模は約3万9500キロワットで中国電力に売電し、一般家庭だと約1万1000世帯の年間使用電力量に相当するという。中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン