/

この記事は会員限定です

ガリバー、「変身する巨人」理想のモデルは中古車のイケア

[有料会員限定]

中古車買い取り最大手のガリバーインターナショナルが創業20周年を来年に控え、事業モデルの転換に動き出した。消費者から買い取った中古車をオークションに流す「卸売り」で一躍中古車業界の巨人となったガリバーが消費者への「小売り」に軸足を移す。国内の中古車市場が伸び悩むなか、薄利多売の卸売りでは利益成長が見込めなくなったからだ。利幅の厚い小売り販売を2018年2月期までに今期見通しの約7倍となる年間30万台まで伸ばすというが勝算は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2318文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン