/

この記事は会員限定です

ANA、バニラ・エアで挑むリゾート路線再生

[有料会員限定]

ANAホールディングスは傘下の格安航空会社(LCC)の社名をエアアジア・ジャパンから11月1日に「バニラ・エア」に変更する。マレーシアのLCC大手エアアジアとの合弁を6月に解消、12月末から新会社として再出発する。これまで挑んでは撤退の繰り返しだった海外中心のリゾート需要をバニラで開拓する。

「リゾート路線に特化した新しいLCCをつくる」。エアアジア・ジャパンの石井知祥社長は、20日に開いた新社名のお披露目会見でこう強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン