富士通、「らくらく」とはいかない国内最強への道

(1/2ページ)
2012/7/30 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通が27日発表した2012年4~6月期連結決算は、経常損益が251億円の赤字(前年同期は188億円の赤字)だった。もともと期末に利益が集中する収益構造とは言え、4~6月期の損益構造を見るとパソコンや携帯電話などハード事業が力強さに欠ける内容だった。国内メーカーではスマートフォン(高機能携帯電話)への需要シフトをいち早く取り込み、国内携帯電話市場でトップに躍り出た富士通。国内最強の実力を収益に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]