/

この記事は会員限定です

(スクランブル)オリンパス、海外投資家が注視する「資本増強後」

証券部 中原敬太

[有料会員限定]

オリンパスの資本・業務提携をめぐる報道が、連日のように紙面に踊っている。過去の損失を訂正した結果、2011年9月末時点の自己資本比率が4.5%と同年3月末時点の15%(訂正前)から大きく低下し、資本不足が懸念されるためだ。オリンパスは17日までに、一連の損失隠し問題に責任があったと外部報告書が認定した取締役や監査役に損害賠償を求めて提訴したほか、20日には東京証券取引所が上場維持を決定。増資に向けた議論の土...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン