/

この記事は会員限定です

トヨタ・野村大幅高が映す新年相場の風景

証券部 成瀬美和

[有料会員限定]

実質新年相場入りした26日の東京株式市場で、日経平均株価は7日続伸して連日で年初来高値を更新した。前日に6年ぶりとなる1万6000円台を回復していたが、売買の中身を見ると株高のけん引役は一変。ファーストリテイリングやKDDIなど株価指数への寄与度の大きい一部銘柄がけん引していた構図から、トヨタ自動車やメガバンク、野村ホールディングスなど時価総額上位の銘柄を中心に幅広く買いが入った。前日までの証券優...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン