動乱期の為替で巨利、三野村利左衛門氏
市場経済研究所代表 鍋島高明

(1/3ページ)
2014/1/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東西の英傑伝にくわしい野沢嘉哉は三野村利左衛門について「財界不世出の策士」として次のように語る。

「彼は幕末維新のシュトルム・ウント・ドランク(疾風怒とう)の時代に乗じて突如、彗星(すいせい)のごとく財界の一角に現れ、機略縦横、幕閣の要路や維新の功臣を手玉に取って、財閥三井の基礎を泰山の安きに置くとともに自己の栄進、出世をほしいままにした一代の知恵者、不世出の策士だった」

庄内藩士に生まれた利左…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]