KDDI、スマホ副作用にもろ刃の処方箋

(1/2ページ)
2012/7/26 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)普及の副作用を示したような決算だった。25日に発表したKDDIの2012年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比29%減の512億円だった。同日の記者会見で田中孝司社長は「先行投資がかさんだ」と語った。

同社はスマホ普及の追い風に乗って、携帯電話契約件数を大幅に伸ばしている。昨秋まで携帯電話契約件数の純増数とMNP(番号持ち運び制度)による契約が低迷した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]