/

この記事は会員限定です

任天堂の岩田社長 「超円高が終わり、海外の収益改善」

[有料会員限定]

任天堂は24日、2014年3月期の連結営業損益が1000億円の黒字(前期は364億円の赤字)になる見通しだと発表した。「ポケットモンスター」などの人気ソフトが出そろうほか、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」や新型ゲーム機「Wii U」の拡販を見込む。記者会見した岩田聡社長は「超円高が終わり、海外の収益が改善する」と強調した。主なやりとりは以下の通り。

――13年3月期のゲーム機の販売が伸び悩んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン