/

この記事は会員限定です

不動産株、うごめく大型案件は起爆剤になるか

証券部 川瀬智浄

[有料会員限定]

東京・赤坂で700億円程度、目黒で1300億円前後の不動産売買が動くようだ――。期末を控え、複数のビッグディール(大型案件)の行方を不動産関係者が固唾をのんで見守っている。1300億円クラスの取引は、系列取引などを除けば久しぶりの規模だ。今年に入って下げがきつい不動産株。水面下でうごめく大型案件は低迷が続く相場反転の起爆剤となるだろうか。

「もう、日本株へのpatience(忍耐力)が切れたよ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン