(スクランブル)米国版「資産消失問題」の余波 シカゴ支局 野毛洋子

(1/2ページ)
2012/2/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

デリバティブ(金融派生商品)で世界有数のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループに陰る暗雲が晴れない。今年2月8日、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はCMEの格下げを発表し、今後一段の格下げもあり得るとの見通しを示した。格下げ理由のひとつは、昨年10月末に破綻し推定12億ドル(約970億円)の顧客資金が行方不明になった大手先物業者、MFグローバルの問題に絡むCMEの対応…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]