東証レビュー23日・株式往来 小動き 日中値幅、1年7カ月ぶり小ささ

2014/7/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価は小幅に反落した。日中の値幅(高値と安値の差)は58円83銭と、2012年12月以来、約1年7カ月ぶりの小ささだった。前日の欧米株高を背景に買いが先行したものの、前日に大きく戻した反動もあり次第に利益確定売りが優勢となった。JPX日経インデックス400も反落し、終値は11587.07と、前日比で6.77ポイント(0.06%)下落した。 

東証1部の売買代金は1兆4778億円と、7月1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]