/

この記事は会員限定です

セブン&アイ、外国人株主が押す強気経営

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが中核のセブン―イレブン・ジャパンで大量出店を進めている。12年3月期からの年間の新規出店数をみると、1201店、1354店、1579店、1600店と右肩上がりだ。ライバルのコンビニとの商圏の奪い合いが激しさを増し、あたかも消耗戦の様相を呈している。他社のシェアを削り取るような強気経営の背景にあるのが、成長を強く求める外国人株主の存在だ。売り上げ段階からの成長を求め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン