/

この記事は会員限定です

個人マネー、「新顔」の新興国株へ 日本株高でリスクオン

証券部 成瀬美和

[有料会員限定]

個人マネーが、投信経由で東南アジア諸国連合(ASEAN)やメキシコなど「新顔」の新興国市場に向かっている。日本株上昇で投資余力の増した個人が海外のリスク商品に関心を持ち始め、なかでも投資対象が豪州などの資源国や中国から新しい成長ストーリーを描けそうな新興国へシフトしつつある。円安基調が定着し、外貨建て資産へリスク分散しやすくなったことも後押ししている。

5月上旬、米ウェルズ・ファーゴ・アセットマネジメント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン