/

この記事は会員限定です

参院選後の長期投資、ネックは「アナリスト減」

証券部 山下晃

[有料会員限定]

参議院選挙を終え、安定政権を手に入れた日本市場。「選挙結果は外国人投資家にとってもサプライズはない」(シティグループ証券の藤田勉氏)結果に終わり、22日の株式相場は小高く終わった。ここから小泉政権下のような息の長い上昇トレンドに乗ることができるかは海外の長期マネーの流入次第といえる。だが、ここでネックになりそうな事情が横たわる。外国人投資家と日本市場をつなぐ役割を担う外資系証券のアナリスト減少だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン