/

この記事は会員限定です

香港H株安値が映す中国の「不安」

香港支局 川瀬憲司

[有料会員限定]

量的緩和第3弾(QE3)の年内縮小を示唆した米国発の衝撃は21日もアジア各地の株式市場を揺さぶった。日経平均株価は午後の取引で反発に転じたが、台湾や韓国、フィリピンなどの主要な指数はほぼ軒並み下落。この日の下げは相対的に小幅だったものの、香港の中国本土株(H株)で構成するH株指数も今年の安値を更新した。じわじわと下げ続けるH株は「緩和マネー」縮小だけでなく、日本を含む外国人投資家が中国に抱く「不安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2038文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン