/

この記事は会員限定です

オープンハウスの荒井社長「10年内に売上高5倍の5000億円目指す」

[有料会員限定]

首都圏で戸建て住宅やマンションを分譲・仲介するオープンハウスが20日、東京証券取引所第1部に上場した。公募・売り出し価格(公開価格、1780円)を18%上回る2100円の初値を付け、終値は2245円だった。東証で記者会見した荒井正昭社長は「10年以内に連結売上高を5000億円と、2013年9月期予想比で5倍以上に引き上げたい」と述べ、用地仕入れの強化でシェア拡大を目指す方針を明らかにした。主なや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン