ゼンショー、懸念「中盛」の牛丼事業

(1/2ページ)
2012/10/22 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「フード業、世界一」。ゼンショーホールディングスが外食の上場企業で売上高トップを実現し、次なる目標に向かって持ち株会社化してから1年。創業者の小川賢太郎社長が動き始めた。中堅スーパーのマルヤを買収し、外食業から多角化に向けた布石を打った。深謀遠慮の一手だが、市場の関心は多角化よりも収益の大半を稼ぐ「すき家」の既存店売上高の苦戦に向かっている。

ゼンショーが外食企業の売上高日本一まで上り詰めた原動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップ



[PR]