/

この記事は会員限定です

博報堂DY、特命部隊が担う脱・広告代理店戦略

[有料会員限定]

広告業界で国内2位の博報堂DYホールディングス。英広告大手イージスを買収し、世界に飛び出した首位の電通に比べ、どことなく攻め手に賭ける印象が強かった。そんな経営姿勢が変わり始めた。M&A(合併・買収)で新事業を育てる部署を新設し、さっそく米企業2社を傘下に収めたのだ。狙うのは広告代理店のビジネスモデルからの脱却。顧客のブランド育成や製品開発のコンサルティングなど、広告の川上分野への進出拡大を目指す。戸田裕一社長は「顧客にと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン