/

この記事は会員限定です

日航、稲盛氏退任後の値下げが持つ意味

[有料会員限定]

日本航空(JAL)が4月から国内線の一部で運賃の大幅な引き下げに踏み切る。主戦場のひとつが北海道路線だ。羽田・女満別線では搭乗3日前までの割引運賃(特便割引3)を3万2500円から1万4000円台まで下げ、一時約2万円あった地域航空会社エア・ドゥとの差は1500円前後に縮まる。経営の軸足を「再建」から「成長」に移すなか、地方路線でも損益をさらに底上げする狙いがある。JAL再生を果たした稲盛和夫名誉会長は3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1493文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン