/

この記事は会員限定です

シャープ、追加リストラの台所事情

[有料会員限定]

シャープが事業売却など追加リストラの検討を始めた。売却の候補には現在、シャープの収益源となっている事業が含まれ、まさに「聖域」を設けないリストラになる見通しだ。背景には、財務改善を優先せざるを得ない厳しいシャープの台所事情がある。

「事業売却を検討している事実はない」。複写機事業などの売却検討が伝えられた17日昼、あるシャープ首脳はこう語った。

シャープにとって過去最大の最終赤字を計上した前期決算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン