価格差にらみ地道に稼ぐ 小島源次郎氏
市場経済研究所代表 鍋島高明

(1/3ページ)
2014/2/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第2次大戦後、横浜で生糸商を営むと同時に横浜生糸取引所の理事長を務めた小島周次郎が自伝の中で祖父源次郎について記している。

「祖父の源次郎は八王子で立つ糸市に集まる生糸や、近郷の農家で作られる生糸、あるいは蚕卵紙を買い集め、横浜へみずから持って行き、外商に売り込んでいた。源次郎が出入りした外商はスイス人経営のシーベル商会で、今もチューリヒに本社を置き、東京に事務所を持ってスイス時計の輸出を手広く…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]