/

この記事は会員限定です

3Dプリンター株に熱視線 一大投資テーマに育つか

証券部 成瀬美和

[有料会員限定]

世界の投資家が3次元(3D)プリンター関連株に熱い視線を注いでいる。米国や中国では先駆して関連銘柄が上がっていたが、日本でも7月に入って上昇が目立ってきた。3Dプリンターは応用範囲が広く、製造業や消費財などに浸透すれば世界で1兆円規模の市場に膨らむとの指摘もある。バイオや再生エネルギーなどに続く一大投資テーマに育つだろうか。

3Dプリンターが世界の製造業を書き換える――。シティグループが4月、こう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン