/

この記事は会員限定です

グリー、コントロール甘かった拡大経営のひずみ

[有料会員限定]

グリーの業績悪化に歯止めがかからない。2013年6月期の連結決算は純利益が225億円と前期比で半減。4~6月期に至っては上場以来初の最終赤字に転落した。成長分野であるスマートフォン(スマホ)向けゲームの開発に資金を投じたが、ヒット作に恵まれなかった。収益源だった従来型携帯電話向けゲームの課金収入も減少。膨れ上がった人件費の抑制など、今後は身の丈にあったコスト構造への転換が避けられない。拡大主義と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン