2019年9月19日(木)

信用残、増減で将来の需給を読む
株式投資データ活用術(7)

2013/2/15 0:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

証券会社から株券や資金を借りて売買するのが信用取引だ。資金に限りがある個人投資家にとっては、手持ちの資金を上回る取引ができる利点がある。取引に当たっては証券会社に委託保証金と呼ぶ担保を差し入れる。相場を読み違えると、損失が膨らむリスクがあるので注意が必要だ。

借りた株式や資金は、約定日から6カ月後に決済するのが一般的。決済に伴う取引を反対売買という。信用の買い残高の増加は投資家が相場の先高を見込…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ランキング&データ

決算の内容をより詳しく[マーケット]

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。