田附将軍も舌巻く眼力、八木与三郎氏
鍋島高明・市場経済研究所代表

(1/3ページ)
2013/3/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

八木与三郎の父八木重助は京都で手広く米穀商をやるかたわら相場師としても名をとどろかせた。明治19年錦小路の薩摩藩邸跡に京都米穀取引所が設立されると副頭取に就いた。身長1メートル80センチを超す大男で、豪奢(ごうしゃ)な暮らしぶりと男気で鳴らした。

「大侠客・会津の小鉄が明治のはじめから京都に来てこの内浜に住み、重助と肝膽相照らすに至った。小鉄の頭を押さえるものは八木重の外にないといわれるほど、小鉄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]